★男子バスケ部 準決勝★

日本スクール21男子バスケ部秋季大会レポートです。予選リーグを全勝で突破し迎えた準決勝。相手は全国予選で対戦し日スク21が辛くも4点差で勝利したチーム。激戦必至です。

試合開始!

この日は相手のシュートが驚異的な確率で決まります。序盤から劣勢に立たされます。



前回のリベンジに燃える相手チームは試合開始と同時に本学のエースにボールを持たせないためにフェイスガード。予想はしていたものの攻撃のリズムを狂わされます。さらに相手チームのアウトサイドシュートが絶好調。前半を20点ビハインドで終えます。

石田君は高さと上手さを兼ね備えた選手。

エース岡田君の3ポイント!



しかし、この日の日スク21は逆転へのシナリオを信じて疑いません。狙い通り第3クォーター終了時点で10点差まで詰め寄ります。

ベンチも大盛り上がり!この声が奇跡の逆転を呼び込むか?

残り2分。最大23点差を追いつく!会場は異様なムードに。



迎えた最終クォーター。前半執拗なマークに苦しめられてきたエース岡田君がゾーンに入ります!次々と3ポイントを沈め最大23点差もあったゲームを残り2分で同点、そして逆転!ベンチだけでなく会場中が異様なほど盛り上がります。

ついに逆転!完全に日スク21ペース。しかし。。。

最後の最後でゲームの流れは相手へ。悔しい敗戦。



しかしバスケは最後の最後まで結果が分からないもの。不運なターンオーバーから得点を許し再逆転。そのまま試合終了となり準決勝敗退となりました。

前半の点差が大きかったことが直接的な敗因ではありますが23点差を一時逆転する驚異的な粘りは称賛に値するものでした。

最終日は銅メダルをかけて3位決定戦に臨みます。引退する2年生のためにチーム一丸となり戦います。