★男子バスケ部 全国大会ベスト8★

日本スクール21男子バスケ部の全国大会レポート。予選リーグを2位で突破した日スク21。準々決勝は抽選の結果、予選リーグで4点差で敗れた北海道代表との再戦となりました。

負けられない戦いが始まる!

試合開始!



お互いにキーマンを意識しあう中で試合開始。この日は相手チームの3ポイントシュートが絶好調。シュート時にプレッシャーをかけ続けますがそれでもゴールをねじ込んできます。

杉村君が果敢に仕掛けます。

力強いプレーでゴールを量産した石田君。


日スク21はエースがフェイスガードされ思うように攻めさせてもらえません。しかし速攻を中心に点を決め食らいつきます。つかず離れずの点差が続きますが逆転には至りません。

エース岡田君は徹底的にマークされ苦しみました。

スタメン唯一の2年生、金田君の気迫のプレー。



後半も相手チームの3ポイントシュートの確率が落ちることなく点差が開いてしまします。

流れを変えるゲームメイク!佐藤君。

最後まであきらめずに戦いましたが今回は相手が強かった。。。



わずかな望みにかけてオールコートマンツーマンで対抗しますが万事休す。試合終了となりました。

悔し涙に暮れる選手たち。しかしスタメン4名が1年生というチームで全国大会ベスト8は胸を張ってよい成績といえるでしょう。

悔しい敗戦。来年も必ずこの舞台に戻ってくるぞ!



結局日スク21に勝利したチームが準優勝。今回は力負けを認めざるを得ません。来年もこの舞台に帰ってくることを誓い大会は幕を閉じました。

多くの保護者、ご家族の方が仙台まで応援に駆けつけてくださいました。ありがとうございました。