★男子バスケ部 秋季リーグレポート★

日本スクール21男子バスケ部は秋季リーグ予選に臨みました。初戦の相手は今年の全国大会3位。総合力は今大会ダントツのナンバーワン。専門学校トップクラスのチームにどこまで通用するか、勝負です。

初戦からダントツの優勝候補。圧力が違いました。

フロントコートに入ったところですかさずダブルチーム。深津君は冷静に抜け出します。

 


厳しいプレッシャーをかいくぐり懸命にゴールをねじ込む日スク21。第3クォーターは金田君を中心に喰らいつき17対15で取ります。しかし力の差を覆すことは出来ず完敗。ただ、可能性を感じさせる試合となりました。

フリースローで確実に加点。

最初に一番厳しい試合を経験したことはプラスになるはず。


決勝トーナメント進出のためにはもう負けられません。勝負の2戦目、ディフェンスは高い集中力で機能しますが、どうにもシュートが入りません。ロースコアの展開を制することができず敗戦。決勝トーナメント進出の道が絶たれてしまいました。

試合にリズムをもたらすPG我妻君。

この日はシュートがことごとくリングにはじかれます。


さあ、集中していこう!

田邉君の力強いドライブ!



予選最終戦は意地の勝負。相手は春季大会で敗れた相手。今大会に爪痕を残すため選手は立ち向かいました。前半を同点で終え勝負の後半。第3クォーターで8点をリード。最後までリードを守りきり5点差で勝利。予選リーグ1勝2敗。

後日行われた交流戦は姉妹校の日本スクールが相手。勝利で終え有終の美を飾りました。

高いオフェンス能力を開花させた1年生金田君。来年のチームの中核を担う存在です。

最後まで戦い抜いた男子バスケ部。お疲れ様でした!



春の雪辱を胸に臨んだ今大会でしたが我々が望んだ結果は残すことができませんでした。しかし、サイズも突出した選手もいない中チーム力で戦い抜きました。
2年生は公式戦引退となります。本当にお疲れ様でした。これからは1年生のサポート、指導役として卒業までよろしくお願いします!