★データバレー講習会★

スポーツ学科データアナリストコースがバレーボールのデータ取得ソフトであるデータバレーの特別授業を行いました。

河部先生よりデータバレーの世界中のシェアや、どのように使われているかお話を伺いました。

まずはソフトの初期設定をします。


世界中のトップレベルチームが使うソフトだけあって機能が多彩です。

これがプレーの入力画面です。プレーを一つひとつキーボードで入力します。



講師の先生は日本にデータバレーを導入した、バレーボールアンリミテッドの河部先生です。

日本のデータバレー第一人者の方です。

スクリーンに映し出されたプレーを見ながら、キーボードを見ないでタイピングをする必要があります。

プレーを判断し、キーボードの記号とマッチングし、タッチタイピングで入力・・・難しい・・・(+o+)


プレーを入力したらデータビデオで分析です。見たいプレーが直ぐに表示されます。すごい・・・。

河部先生と記念写真!!
もっと使いこなせるように練習します。



本コースでは野球はベースボールアナライザー、バレーはこのデータバレーなどメジャーなデータ入力・分析ソフトを授業で使います。他にもエクセルVBAでバスケやテニスのスタッツ取得プログラムを作成したりスマートテニスセンサーを使ってテニス部の練習のサポートなどをします。